レーブそとめ概要レーブそとめ概要

名前の由来《レーブ》とはフランス語で『夢』

老健施設エスポアールそとめと同一敷地内にありますが、眼下には五島灘が開けていて天気の良い日は眺めが大変素晴らしい施設です。

レーブそとめは建築面積337㎡鉄筋コンクリート平屋建、レーブそとめ弐番館は建築面積274㎡木造平屋建の建物です。どちらも入居者9人ずつのグループホームです。

建物の周りは敷地を広くとってあり、南側は日当たりも良いため入居者の方々と四季折々の野菜を作っております。

交通アクセスマップ交通アクセスマップ

認知症高齢者グループホーム 
レーブそとめ・レーブそとめ弐番館

〒851-2324 
長崎県長崎市上黒崎町字姥小迫西2199番15

レーブそとめ 
TEL:0959-25-1700 FAX:0959-25-1700

レーブそとめ弐番館 
TEL:0959-25-0871 FAX:0959-25-0871


大きな地図で見る お電話やFAXだけでなく、インターネットからでもお問い合わせいただけます。社会福祉法人日浦会 TEL:0959-25-0001 FAX:0959-25-0717 施設見学随時承り中(送迎あります)